雨が降る日はどこで手話を使いますか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

例文の「雨が止む」は、”雨①”+”消える②”で表現されます

”消える②”は、上から注がれているものが無くなるという意味を持った手話です

”雨が上がる (あめがあがる)”という手話表現で使われます

雨①: 軽く開いた指先を前に向け、両手を繰り返し下に下ろします

消える②: 半開きにした両手てのひらを上にあげながら握ります

雨が上がるという瞬間、世界は新たな魔法に包まれます。まるで大自然が自分自身を浄化しているかのように、雨粒が降り注いでいた空気が澄み渡ります。そして、太陽の光が雨上がりの世界を照らし出すと、水滴たちはまるでダイヤモンドのように輝き始めます。草木や花々も、雨を受けて美しく潤い、新たな生命力を取り戻します。そんな美しい自然の復活の瞬間を、二人で見つめ合いながら過ごすのは、まるでロマンチックな映画のような幸せなひとときです。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com