手話とは、音声ではなく視覚・手の動きを使って意味を伝える言語のことです。手話は手の動きと非言語的なマーカーの組み合わせ(指文字等)で表現されます。手話は、独自の文法や語彙を持つ完全な自然言語です。世界には様々な手話が存在します。様々な手話は普遍的なものではなく、通常相互理解できることはありませんが、異なる手話の間にも類似点があります。

言語学者は、音声と手話の両方を自然言語のタイプと見なしています。つまり、両方が抽象的で長期的な過程を経て発展し、緻密な計画なしに時間とともに進化したということです。これは、モダリティに明らかな違いがあるにもかかわらず、手話と音声言語処理の伝達基盤には相当な重なりがあることから支持されています。手話は、非言語的なコミュニケーションの一種であるボディーランゲージと混同してはいけません。

*モダリティとは何ですか?

モダリティ(modality)は、意味を伝えるために用いる手段のことを指します。人間のコミュニケーションにおいて、主なモダリティには音声言語、文字言語、視覚言語(手話やジェスチャーなど)、身体言語(表情やジェスチャーなど)、触覚言語(点字など)などがあります。これらのモダリティを適切に使い分けることで、コミュニケーションの円滑化や効率化が図られます。

聴覚障害者のコミュニティが存在する場所では、手話は有用なコミュニケーション手段として発展し、現地の聴覚障害者文化の中心となっています。手話は、聴覚障害者や難聴者が主に使用する言語ですが、物理的に話すことができない人、障害や状態により口頭言語に問題がある人(補助・代替コミュニケーション)、聴覚障害者の家族を持つ人(聴覚障害者の子供など)も使用しています。

世界中には、正確には知られていない手話の数が存在します。一般に、各国には独自の手話があり、複数の手話が存在する国もあります。2021年版のEthnologueには150の手話がリストされており、SIGN-HUBの手話構造アトラスには200を超える手話がリストされており、まだ文書化または発見されていない手話もあるとされています。2021年現在、インド手話が世界で最も使用されている手話であり、Ethnologueはこれを世界で151番目に話されている言語としてランク付けしています。

一部の手話は法的承認を受けています。日本では厚生労働省が手話言語研究所へ手話研究、確定を委託しています。

言語学者は、口話言語の手話コード、家庭内手話、ベビーサイン、非人間の霊長類が学んだ手話など、自然な手話とそれ以外のシステムを区別しています。

手話の歴史

歴史を通じて、聾者グループは手話を使用してきました。手話の最初の記録の一つは、紀元前5世紀のプラトンの『クラティロス』から来ており、ソクラテスは「もし声や舌がなく、お互いに物事を表現したかった場合、私たちは今のように手、頭、そして体の残りの部分を動かして、口のきけない人々がやるように、サインを作ろうとしないだろうか?」と言っています[9]。19世紀まで、歴史的な手話について知られていることのほとんどは、手話自体の記録よりも、口話言語から手話言語への言葉の移し替えを容易にするために発明された手指つづり(指文字システム)に限定されていました。中世に発展した修道院手話についての論争は、真の手話言語ではなく、ジェスチャーシステムと見なすようになっています。

現在のテキサスと北部メキシコにあたる湾岸地域の先住民族とヨーロッパ人の最初の接触の最初の記録には、すでに完全に形成された手話が使用されていたと記載されています。これらの記録には、1527年のカベサ・デ・バカと1541年のコロナドの記録が含まれます。

スペインの修道士ペドロ・ポンセ・デ・レオン(1520-1584)が最初の手指つづりを開発しました[12]。この手指つづりは、沈黙の生活を送る修道士たちが使用していた簡単な手のジェスチャーに基づいています。

1620年、ホアン・パブロ・ボネットは、『手話の音韻学の簡略化と口のきけない人々に話し方を教えるための技術』(マドリード)を出版しました[13]。これは、口のきけない人々のための口頭教育法と手指つづりを提示する、最初の近代的な手話の音韻学の論文と見なされています。

1644年の『キロロジア』からの手形 イギリスでは、秘密の通信、公のスピーチ、聴覚障がい者とのコミュニケーションなど、さまざまな目的で手話アルファベットが使用されていました。1648年、ジョン・バルワーは、彼の妻が触覚言語の使用により、夫である手話を熟達した聴覚障がい者である「マスター・バビントン」と簡単に会話できるようになったと述べています。

1680年、ジョージ・ダルガーノは『Didascalocophus, or, The deaf and dumb mans tutor』を出版しました[17]。彼は、自身の聴覚障がい教育法を紹介し、左手の指や手の関節を指で指し示す「関節性」アルファベットを提案しました。関節性のシステムは、聴覚のある人々によって長い間使用されていました。初期のオガム手話アルファベットに遡ることができるという説もあります。

このアルファベットの母音は、イギリス手話、Auslan、ニュージーランド手話で使用されている現代のアルファベットに残っています。現代の二手法手話アルファベットの子音の最古の印刷物は、1698年に出版された匿名のパンフレット『Digiti Lingua』で見られます。筆者自身は話せないが、手話アルファベットは、口を開けずに、または秘密に、純粋に娯楽のためにも使用できると提案しています[21][22]。このアルファベットのうち9つの文字は、以前のアルファベットから遡ることができ、現代の二手法手話アルファベットの17の手の形は、描かれた2つの26の手の形のセットの中で見つかります。

1692年にシャルル・ド・ラ・フィンが、体の部位を指し示すことでその部位の最初の文字(例:Brow=B)を表すアルファベットシステムについての本を出版しました。また、母音は他のイギリスの手話と同様に指先にあります。彼は英語とラテン語の両方についてこのような符号を記述しました。

1720年までに、イギリスの手話アルファベットはほぼ現在の形になっていました。このアルファベットの子孫は、かつてのイギリスの植民地であるインド、オーストラリア、ニュージーランド、ウガンダ、南アフリカ、旧ユーゴスラビアの共和国や州、カリブ海のグランドケイマン島、インドネシア、ノルウェー、ドイツ、アメリカ合衆国のろう者コミュニティ(少なくとも教室で)で使用されています。英国に対するポリガール戦争中、ヴィーラン・スンダラリンガムは、ヴィーラパンディヤ・カッタボマンの口のきけない弟であるウマイスライと、独自の手話を使って意思疎通をしました。

フランス人のシャルル=ミシェル・ド・レペは18世紀に彼の手話アルファベットを出版し、それはフランスと北アメリカで現在までほぼ変わらずに使われ続けています。1755年、アベ・ド・レペはパリで聾児のための最初の学校を設立し、ローラン・クレルクはおそらく最も有名な卒業生でした。クレルクはトーマス・ホプキンス・ガローデットとともに、1817年にコネチカット州ハートフォードにアメリカ聾学校を設立するためにアメリカに渡りました。ガローデットの息子であるエドワード・マイナー・ガローデットは、1857年にワシントンD.C.で聾者のための学校を創設し、1864年には国立聾唖学校となりました。現在はガラウデット大学と呼ばれ、世界で唯一の聾人のためのリベラルアーツ大学です。

手話は一般的に、発生した地域の話される言語とは言語的な関係を持ちません。手話と話される言語の関連性は複雑で、話される言語よりも国によって異なります。例えば、オーストラリア、英語圏のカナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカはすべて英語を主要な言語としていますが、アメリカンサインランゲージ(ASL)はフランス手話を起源とするのに対し、アメリカと英語圏のカナダでは主に使用される手話であり、他の3つの国ではASLと無関係な英国、オーストラリア、ニュージーランド手話が使用されています。同様に、スペインとメキシコの手話は非常に異なっていますが、それぞれの国で国語であるスペイン語を話します。ボリビアで使用される手話も、他のスペイン語圏の国で使用される手話とは異なり、ASLを基にしています。また、全国的な手話でも、必ずしも全国的な話される言語の方言の違いに対応するわけではありません。むしろ、耳が聞こえない人のための居住学校の地理的位置に関連していることが多いです。

インターナショナルサインは、かつてゲストゥノとして知られていましたが、主に聴覚障害者の国際的なイベント、例えばデフリンピックや世界ろう連盟の会議などで使用されています。最近の研究によると、インターナショナルサインは一種のピジン言語であると主張していますが、それは一般的なピジン言語よりも複雑であり、実際には完全な手話に近いものであると結論付けられています。より一般的に使われている用語はインターナショナルサインですが、ゲストゥノ、インターナショナルサインピジン、インターナショナルジェスチャー(IG)とも呼ばれています。インターナショナルサインは、世界ろう連盟やその他の国際機関が使用する用語です。

日本の手話は、他の多くの手話言語と同様に、文字を持たない無文字言語です。音声言語とは違い文字による記録ができないため、動画によって手話表現を記録するようになったのが最近で、日本手話に関する最古の記録を見つけることは現実的に難しいです。最も古い日本手話の記録は、古河太四郎が1878年に開設した京都盲唖院に関するものです。手話が古代から使われていた可能性もある。手話を使わない口話法が普及し、日本手話の「苦難の歴史が始まりました」。日本手話は、他の言語と同じような多様性を見せながら、140年以上たった現在も、ろう者のコミュニティで維持されています。言語学的には、日本手話は日本語とは全く異なる言語学的特性を持っています。

オンライン手話の”日本手話”と”日本語対応手話”に対する見解

手話は、聞こえない人たちがコミュニケーションをとるために自然発生的に発展してきた言語です。手話には日本手話や日本語対応手話などの区別はなく、スキルの違いだけが存在します。グーグルの翻訳エンジンでも以前は日本語の翻訳がうまくいかず、英語の文章に日本語の単語を当てはめたようなたどたどしい翻訳文が作られていましたが、今では翻訳技術が進化してとてもスムーズな翻訳が可能になりました。

初めて手話を学ぶ人たちは、日本語の文章に手話単語を当てはめて表現するようなたどたどしい手話表現をします。これを”日本語対応手話”と呼んでいます。手話のスキルが向上すると、とてもスムーズでナチュラルな手話による情報交換ができるようになります。

高等言語には、”話し言葉”と”読み”、”書き”手段があります。手話は“視覚言語”で、”読み”、”書き”、はありません。

聞こえない世界でも、”読み”、”書き”は日本語で行います。

私たちが理解しなければいけない事

聴者は”話し言葉”、”読み”、”書き”すべてが音によって紐づけられている

聞こえない皆さんは、音によって”話し言葉”、”読み”、”書き”が紐づけられていない

という重要な点です。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

聞こえない皆さんは、”手話による””話し言葉”、”読み”、”書き”の紐づけが重要です

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

手話を使う人たちは、手話でコミュニケーションをし、読み書きは日本語で行います。そのため、日本語理解は手話を理解するための重要なスキルです。手話通訳をスムーズに行うためには、日本語と手話の関係を理解することが必要です。

手話は独自の文法を持った視覚言語であり、記録やアーカイブ、読み出しは日本語で行います。このように、手話と日本語は相互に依存しているため、密接な関係があります。手話を学ぶことで、コミュニケーションの幅が広がり、聞こえない人たちとのコミュニケーションがよりスムーズになることが期待できます。

手話と日本語の紐づけは必要ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

皆様のコメントをお待ちしています

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com