耳の聞こえない人と聞こえる人で教育の差がありますか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

この手話は「数珠 じゅず」が手にかかっている様子を表現しています。

2指で輪を作った右手を 指先を上に向けた左手甲側から左手に沿って、てのひら側にまわします。

数珠は、仏教の修行や念仏を唱える際に用いられる、ビーズが繋がった仏具の一種です。通常、数珠は108個の小さなビーズで構成され、真ん中に大きな玉があります。玉を境にして、一方には54個の小さなビーズが、もう一方には34個の小さなビーズが配置されています。

数珠は手に持って、一つずつビーズを数えながら、仏陀や菩薩の名前を唱えたり、念仏を唱えたりすることで、心を集中させ、心を清めることができます。また、数珠を回すことで、回転する動作によって心を静める効果もあります。

数珠は、宗教的な意味合いが強い仏具ですが、近年ではファッションアイテムとしても人気があり、デザイン性の高い数珠も多く販売されています。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com