オンライン手話とはなんですか?

オンライン手話は、手話をオンラインで学ぶための方法とオンラインで手話を使ったコミュニティの構築です。オンライン手話の利用者は、インターネットを通じて手話のレッスンを受けたり、手話を使ったコミュニケーションを行ったりすることができます。

オンライン手話の利用者には、聴覚障害者、聴覚障害を持つ人の家族、手話通訳者などが含まれます。オンライン手話を利用することで、地理的な制約や移動の制限などによる障壁を克服することができます。

オンライン手話の方法は、オンラインのビデオレッスン、手話を使用したビデオチャット、手話辞書アプリケーション、手話を使用したオンラインコミュニティなどがあります。これらの方法を使って、手話の基礎を学んだり、より高度な手話スキルを身につけたりすることができます。

手話言語とは何ですか?

手話言語とは、聴覚障がい者がコミュニケーションをするために使用する視覚的な言語です。手話言語は、手の動き、表情、体の動き、そして空間の利用などによって表現されます。手話言語には多数の種類があり、地域や国によって異なります。例えば、各国で異なる手話があり、英語を使うアメリカ、イギリスでは異なる手話を使います。日本にも独自の手話言語が存在します。

手話言語は、口語言語と同様に、言語として完全であり、複雑な文法規則と豊かな表現力を持ちます。手話言語は、聴覚障がい者が他の人とのコミュニケーションを取るために重要な役割を果たしています。また、手話言語は、聴覚障がい者にとっては主要なコミュニケーション手段であるだけでなく、聴覚障がい者の文化やアイデンティティの一部でもあります。

手話言語条例と手話言語法の違いとは

手話言語条例と手話言語法の違いとは何でしょうか? 手話言語法は、政府が手話言語を公式言語として承認する事であるのに対し、手話言語条例とは、都道府県や地方自治体が手話を使用する人々が公的なサービスを受ける権利を保護するための条例です。

手話言語条例に対する賛否

手話言語条例に対する賛成派と反対派があります。賛成派は、手話言語条例が聴覚障害者の人権を尊重し、彼らが社会で平等に参加できるようにする事が出来る事に賛同しています。反対意見として、手話言語条例が、手話言語を使用する人々にとって不公平な状況を作り出す可能性があるということです。手話言語条例に対する不公平な状況とは、手話言語を使用する人々が、手話以外のコミュニケーション手段を使用する人々と同じ権利を持つことを妨げるようになると考えています。

手話以外のコミュニケーション手段とは、音声合成(テキストを音声に変換する技術)を利用して文字入力(キーボードやタッチパネルなど)によるコミュニケーションを行う事、口話(口の形を読み取る読話術)を使ったコミュニケーション、筆談(メモ帳等に文章を書く)を使ったコミュニケーション・・・等です。

口話教育の失敗

国連が手話を言語と定義したのは、口話教育の失敗と反省を踏まえ聴覚障害者が自分たちの言語を認められるようにするためです。

障害者権利条約は、2006年に国際連合総会によって採択され、2008年に発効しました。この条約は、障害者が人間としての権利を享受するために必要な措置を講じることを各国に要請しています。障害者にとって最も重要な権利の1つは、自分たちが使いやすい手段で情報にアクセスすることができることです。

手話は聴覚障害者にとって非常に重要なコミュニケーション手段です。

手話は、聴覚障害者にとって非常に重要なコミュニケーション手段です。障害者権利条約は、手話に対する尊重と使用を促進することを明確に規定しています。この条約により、各国は、手話を公式に認め、手話通訳者を訓練して、手話を理解できない人々とのコミュニケーションを容易にすることが求められています。

また、障害者権利条約は、障害者が文化やスポーツ、娯楽などの活動に参加できるようにすることも求めています。手話は、聴覚障害者にとって文化的なアイデンティティーの一部であり、手話を使用して自己表現することは、彼らにとって非常に重要です。障害者権利条約は、手話を文化活動の一環として保護することを明確に規定しています。

総じて言えることは、障害者権利条約は、障害者が人間としての権利を享受するために必要な手段を提供することを各国に要請しており、手話はその重要な手段の一つであることが分かります。

オンライン手話で手話を学習する目的には、以下のようなものがあります。

  1. コミュニケーション手段の拡張:手話は、聴覚障害者がコミュニケーションを取るための重要な手段です。オンライン手話学習は、手話を学ぶことで聴覚障害者とより良いコミュニケーションをとることができるようになります。
  2. 職業的な目的:手話は、聴覚障害者のコミュニケーション支援だけでなく、手話通訳や手話講師などの職業にも関連しています。オンライン手話学習は、手話に関する専門知識やスキルを身につけることができ、手話関連の職業を追求するための第一歩となることができます。
  3. 文化的な関心:手話は、聴覚障害者のコミュニケーション手段だけでなく、手話文化としても重要な役割を果たしています。オンライン手話学習は、手話文化や手話に関する知識を深め、手話を通じた文化交流や理解を促進することができます。
  4. 個人的な成長:手話を学ぶことは、新しい言語やコミュニケーションスキルを身につけることにつながります。オンライン手話学習は、自分自身の成長や発展に役立つことができます。また、聴覚障害者との交流を通じて、新しい視点や価値観を獲得することができます。

これからもオンライン手話で一緒に活動しませんか?

フェースブックグループ https://www.facebook.com/groups/syuwa

You Tube https://m.facebook.com/groups/syuwa/

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com