不在(不在)という言葉の手話表現を

いくつか紹介します。

この説明によって”手話文法”とは何かが

よくわかるようになります。

You Tubeで手話学習はこちら

例文1:父は不在です

”父”+”無い”

この場合の”無い”という手話表現は

左手の掌を下に向けて胸前に配置して

右手親指を左手掌中央につけて

右手を左右に90度ほど繰り返し

振ります。

左手は家の”天井”もしくは”屋根”を表現し

その下に”ない”という表現です。

この単語の前に”父”という手話単語を

表現しているため、”父は家にいない”

という意味になり、”不在(不在)”と

なります。

You Tubeで手話学習はこちら

例文2:不在者投票

この例文は、”家に居ないという手話表現

ではなく、左手掌を上に向けて胸の前に

配置しその上を右手を左右に”はらう”

動作をします。左手の掌を上にあげるのは

”その場所”を表現しています。

投票所に行けない為に前もって投票する

ことを”ない”+”投票”で表現しています。

You Tubeで手話学習はこちら

例文3:責任者は不在です

この例文の”不在”も、その場に居ない

という表現になる為、前記の左手を上に

上げて右手を払う動作で”不在を表現します。

例文4:国民不在の政治

この例文の”不在”は”存在しない”、

”眼中にない”ことで見捨てられている

意味を表現します。

国民が見捨てられているさまを表します。

You Tubeで手話学習はこちら


上記でご説明したように、手話表現には文法があります。

手話を表現する文章に合わせて、”左手”を上に向けたり、

下に向けたりする事によって、家の中なのか?

多くの人たちが集まる場所であるかを区別します。

You Tubeで手話学習はこちら

オンライン手話の一般手話学習会では

”同じ単語”でも文章の違いによって異なる手話表現の

学習をしています。

You Tubeで手話学習はこちら

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com