デフリンピック誘致活動について書かれた記事がありました

You Tubeで手話学習はこちら

デフリンピックを応援しましょう
デフリンピックは音に頼らないスポーツの祭典です

>>>

You Tubeで手話学習はこちら

デフリンピックへの参加資格は、音声の聞き取りを補助するために装用する補聴器や人工内耳の体外パーツ等(以下「補聴器等」という)をはずした裸耳状態で、聴力損失が55デシベルを超えている聴覚障害者で、各国のろう者スポーツ協会に登録している者とされています。また、競技会場に入ったら練習時間か試合時間かは関係なく、補聴器等を装用することは禁止されています。これは、選手同士が耳の聞こえない立場でプレーするという公平性の観点によるものです。(国際ろう者スポーツ委員会 オージオグラムに関する規則2. 参加資格に関する規則 第2.1版 改訂版 – 2009年11月13日第1.0版公開 – 2001年7月31日 ※一般財団法人全日本ろうあ連盟:訳)

出典:一般財団法人全日本ろうあ連盟

>>>

You Tubeで手話学習はこちら

補聴器や人工内耳の体外パーツを外し、聴力損失が55デシベルを超えている競技者が競技でしのぎを削ります。音が聞こえない人達が公平に世界のろうアスリートと金メダルを目指します。

デフリンピックの歴史は古く1927年から実施されてきました。

パラリンピックは様々な障害を持った方が参加されますが、デフリンピックは聴覚に障害を持つアスリートが参加します。2025年デフリンピックを日本で誘致に向けた取り組みが始まっています。

2025年デフリンピック誘致に向けた成功を応援しましょう!

You Tubeで手話学習はこちら

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com